ふるさと納税,レインボーラムネ

ふるさと納税サイト 比較

ふるさと納税で幻のラムネ『レインボーラムネ』をGET

読了までの目安時間:約 2分

 

生駒市の幻のラムネ『レインボーラムネ』がふるさと納税で手に入るかも

奈良県生駒市にあるイコマ製菓本舗の「レインボーラムネ」。TV番組のスッキリ!や、ケンミンSHOW、月曜から夜更かしなどでも放送されたため話題の商品となりさらに入手困難な人気商品。

 

そんな幻のラムネが今年2018年もふるさと納税に登場です。

昨年の夏は2541件の申し込みがあったようです。集まった寄付金額は3493万円と生駒市のふるさと納税の7割を占める人気返礼品に!

 

2018年1月9日(火)9:00~スタート

720g入り2箱と720g入り8箱の合計230セット限定

 

購入は、ふるさと納税ポータルサイトのふるさとチョイスのみの受付です。ふるさとチョイスでレインボーラムネを見ると現在準備中になっています。そのページの情報では、ふるさとチョイス限定にて平成30年1月9日(火)9:00再開! 数量200セット限定! 寄付金額は1万円以上となっていたので8箱入りは30個限定かと思われます。また、支払い方法はクレジット決済のみとなっていました。

 

この機会にぜひ、甘酸っぱくて、外はカリカリ、中はふんわり。やみつきになる味と食感のレインボーラムネをGETです(#^.^#)。数量限定なのでかなり入手は困難かと思われますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

タグ : 

ふるさと納税 情報   コメント:0

ふるさと納税 ふるなびが寄付金の10%還元(Amazonギフト券コード)キャンペーン

読了までの目安時間:約 4分

 

ふるさと納税 ふるなびキャンペーンが熱い!
Amazonギフト券コードプレゼント10倍

ふるさと納税のふるなびが期間限定でAmazonギフト券プレゼント10倍キャンペーンを実施中です。

 

その対象となるのが、『ふるなびグルメポイント』と新サービスの『ふるなびトラベル』です。

ふるなびは2017年の11月1日以降の寄付金額に対して1%のAmazonギフト券コードプレゼントを実施中です。

 

今回のAmazon寄付券プレゼント10倍キャンペーンは、期間限定で『2017年12月1日 00:00 ~ 2017年12月31日 23:59』です。つまり2017年内であればOK。今年の返礼品に悩んでいる方、今ふるなびの選択肢はありかも!

 

ふるなびグルメポイントの公式サイトはこちら⇒ふるなびグルメポイント

 

 

 

ふるなびグルメポイントとは
(Amazonギフト券コードプレゼント10倍対象)

ふるなびグルメポイントとは、ふるさと納税専門サイト「ふるなび」から派生したサイト。2016年の7月より運営を開始し当初は、『三重県明和町』、『岐阜県池田町』、『茨城県古河市』、『山口県山口市』の4自治体が提携していました。2017年の12月12日よりさらに、『兵庫県洲本市』、『滋賀県高島市』、『高知県四万十町』と3つの自治体が新規提携し合計7自治体となっています。

 

これらの提携している自治体にグルメポイントとして寄付を行うと、寄付金額の30%分のポイントを得ることができます。

例)10万円寄付=3万P獲得

 

手にしてポイントは、寄附した自治体ゆかりのお店にて使用することができます。

 

グルメポイントは即日発行!しかも有効期限はありません!

さらに、店舗によっては、ご予約の当日にグルメポイントでお食事をお楽しみいただくことも可能です!

 

詳しい利用方法はこちら公式サイト⇒ご利用ガイド

 

 

ふるなびトラベルとは
(Amazonギフト券コードプレゼント10倍対象)

ふるなびトラベルとは、2017年10月17日からふるさと納税専門サイト「ふるなび」と大手旅行会社「日本旅行」がご提案する新しいふるさと納税のサービスです。ふるさと納税の寄附金額に応じた「旅行」をしていただくことが可能なサービス。

 

寄付を行うと、寄付金額に対してふるなびグルメポイント同様、寄付金額の30%がトラベルポイントとして取得でき、提携自治体の旅行プランでご利用が可能です。

 

提携自治体の状況は下記の通り、10自治体と提携しています。

(2017年12月15日時点)

 

甲信越地方

『山梨県富士吉田市』『山梨県山中湖村』『山梨県富士河口湖町』『長野県飯山市』『長野県小谷村』
東海地方

『岐阜県池田町』『三重県明和町』
近畿地方

『京都府亀岡市』『兵庫県洲本市』
中国地方

『山口県山口市』

 

ご利用方法の詳細はこちら公式サイトをご確認ください。

 

ふるなびトラベル公式サイト⇒ふるなびトラベル

※公式サイト下部に『ご利用ガイド』のページリンクがあります。

 

 

 

タグ :  

ふるさと納税 情報   コメント:0

ふるさと納税 利用者は10人に1人ぐらい

読了までの目安時間:約 5分

 

ふるさと納税 利用者

ふるさと納税の利用者は10人に1人程度だそうです。

株式会社インテージリサーチがインターネットでの自主企画調査で『ふるさと納税に関するアンケート』を実施しています。(引用元:株式会社インテージリサーチ『ふるさと納税に関するアンケート』の結果

 

調査結果は、3月23~25日に全国の20歳から69歳の男女3万人を対象にインターネットで行い、ふるさと納税の認知や経験について聞いた結果をまとめたものとのこと。

この調査結果によると、ふるさと納税の認知度は97.5%。しかし、制度の詳細を知る人は11.9%とグッと低い数値に・・・。2017年はメディア露出は控えめなイメージですが、2015年、2016年は各種メディアでかなり紹介されていたにもかかわらず知っているけど、まだまだ詳細はわらない状況のようです。

そして、気になる利用者数は、10.1%となり、およそ10人に1人といった結果に。

 

      

 

正直もう少しふるさと納税の実施者がいるかなと思っていたので個人的にはちょっと意外な結果でした。10人に1人。これにつては感じ方には個人差があるかな?

 

 

ふるさと納税 お得だと知っているのに実施しない理由は?

ふるさと納税の『詳細を知っている』、『概要を知っている』、『多少知っている』といった方の合計は7割強となります。これらの方はおそらくふるさと納税とは節税になるお得な制度ということはしているはず。にもかかわらず、実施しないのは?

 

ふるさと納税をこれまで行わな方理由のTop3を見ると

1、申し込み方法がよくわららなかったから・・・42.7%

2、確定申告が面倒だったから・・・32.2%

3、制度がよくわからなかったから・・・29.2%

となっています。

(引用元:株式会社インテージリサーチ『ふるさと納税に関するアンケート』の結果

 

ふるさと納税の認知をアンケート結果を詳しく見ると制度詳細を詳しく知っているのはわずかに11.9%となっています。この数値は、ふるさと納税の実施者の数値と同じぐらいです。それ以下の人は概要を知っている、多少知っているなどといったレベルで、実際にふるさと納税を実施するには、ふるさと納税を行わない理由からもわかる通り、ふるさと納税の利用方法を詳しく知らなといったことがうかがえます。今後利用者を増やしていくには、ふるさと納税の制度や申し込み方法、ワンストップ特例制度で確定申告が不要になる場合があるなどといった情報を知ってもらうことが重要そうです。

 

ふるさと納税の経験者のリピート意向は約9割

ふるさと納税の実施意向についてのデータも出ていました。

これをみるとふるさと納税をしたいことがない人の実施意向の2倍以上、ふるさと納税をしたことがある人の実施意向が強いといった傾向がでています。

 

(引用元:株式会社インテージリサーチ『ふるさと納税に関するアンケート』の結果

 

実にその割合は9割近くになります。

これ見ると、ふるさと納税ってホントに利用方法を十分に理解していないために、実施者が1割程度なのではと感じてしまいます。リピート意向が強いということは、手間に対し見返りが大きく、満足感を得ていることがわかります。実際に一度ふるさと納税を行った方は仕組みや申し込み方法は当然理解している、そして実はそれほどむつかしくなく簡単ってことも(#^.^#)。

 

こうやってアンケートの結果をみると、まだふるさと納税を行ってない人はやってみたくなりません?

悩んでいるより、寄付してみては?

ふるさと納税を行う上で返礼品探しなどで便利なポータルサイトを当サイトで紹介しています。もし、やってみようって思ったらぜひ参考に!

詳しくはこちら⇒ふるさと納税サイト 比較

 

 

 

 

 

タグ :

ふるさと納税 情報   コメント:0

ふるさと納税返礼めぐる通知を見直し

読了までの目安時間:約 2分

 

ふるさと納税 返礼品の変化

ふるさと納税の返礼品の競争が激化し、高還元率の商品や高単価商品などが目立つようになり、2017年4月に総務省より各自治体に通知が出されました。その内容は返礼品の内容を規制する様な要請でした。

 

2017年4月総務省からの通知で見直し対象になったもの

・ふるさと納税の返礼品を寄附金額の3割以下に抑える

・高額な返礼品、家電、パソコンやタブレット、自転車、宝飾品など

・換金性の高い、商品券や金券や感謝券

 

昨年までは、ふるさと納税額の枠がおおよそ2倍になったり、ワンストップ特例制度により一部の対象が確定申告が不要となるなどふるさと納税に対し追い風がありました。これらを受けて各自治体もふるさと納税に力を入れているさなかの出来事。

一部自治体は反発し続けている自治体もいたものの、全体的には各自治体や大手ポータルサイトなどもは総務省の要請に従い、返礼品の見直しをはかっていました。

結果、ふるさと納税額の減少が見込まれています。その為増産体制を取ってしまったら地方創生倒産ラッシュでも起こりかねないと話題になっていました。

 

そしたら、2017年9月に驚きの展開が!!

8月に就任した野田聖子総務相が9月4日に「返礼品は自治体に任せるのが当然」と発言!そして、返礼品の選択は各自治体に任せ来年は通知を出さない方針で検討しているとのこと。

 

総務省の方針ブレブレです・・・。

が、ちょっと陰りがかったふるさと納税の勢いが戻ってくる事に期待したいですね。

 

 

 

タグ : 

ふるさと納税 情報   コメント:1